フィリピン財閥の実態

財閥が牛耳るフィリピン経済

・フィリピン経済を語るうえで欠かせないのが“財閥”の存在。財閥の定義を「同族経営を基本に多角経営(コンツェルン、コングロマリットともいわれる)を行う企業グループ」とすれば、フィリピン経済はまさに財閥グループが支配しているといっていいだろう。その一例が下図。
 これは全上場会社のなかでの財閥(持ち株会社形態の37銘柄が対象)の影響力を見たもの。左は総資産比で、右は時価総額比だ。ここで“財閥”は「持ち株会社」形態の会社としたが、ともに市場全体の30%前後を占めている。ここで留意したいのは、この影響度はあくまでも単独企業ベースという点。上場している傘下企業も少なくない。それらを含めれば全体の50%近くを財閥関連企業が占めているといえる。

圧倒的な占有力を持つ10大財閥!

・現在、上場する「持ち株会社(Holding Firms 一覧)」は37社ある。なかには財閥とはいえない単に投資会社的な規模もあるが、大手企業は明らかに支配力が強い。その傍証ともいえるのがフィリピンの上場会社の数。300銘柄を欠ける。ほかの東南アジア市場、ベトナム、インドネシアなどは概ね1000銘柄ほど上場している。この違いはフィリピン財閥の影響慮だろう。主要産業を抑えているために新興企業の出番がないのである。実際、フィリピンでは大手持ち株会社=財閥が電気、ガス、水道、道路、そして都市開発まで主導権を握っている。フィリピン経済そのものといってもいいだろう。
 権力や資本の集中はさまざまな問題を引き起こす。が、投資対象と見た時には、これほど安心できる投資先はない。下の画像は縦軸を売り上げ、横軸を純益として、時価総額をバブル図としたもの。見事に時価総額の大きさが企業規模を表している。
 一言でいえば、主要財閥の株式は今後、20年以上にわたって世界屈指の成長を遂げるであろうフィリピン経済に投資を行うようなものだ。投資の本流といえる。そこで本ページでは時価総額上位10社に特化した「財閥解体新書」とし、投資に役立つさまざまな情報を提供していく。

(随時更新)

本日の投資環境

3/5現在(会社名で最新会社情報、シンボルでチャートセットが開きます)

シンボル会社名現在値売買判断W騰落率%高安値42W週足Chart
SMSM Investments Corporation1041売り27.261100/780Chart
ACAyala Corporation770下降47.65870/513.5Chart
JGSJG Summit Holdings, Inc.65売り18.8375.9/44.5Chart
SMCSan Miguel Corporation125下降30.21142.9/94Chart
AEVAboitiz Equity Ventures, Inc.42.8下降-0.4753/38Chart
GTCAPGT Capital Holdings, Inc.565上昇39.44673.5/360Chart
LTGLT Group, Inc.13.9下降87.8415.5/7.11Chart
DMCDMCI Holdings, Inc.5.39売り28.956.24/3.4Chart
MPIMetro Pacific Investments Corporation4.11下降63.14.58/2.48Chart
AGIAlliance Global Group, Inc.10.52上昇51.5911.12/5.44Chart

10大財閥の紹介

(社名クリックで詳細情報へ)

SM Investments Corporation
Ayala Corporation
JG Summit Holdings, Inc.
San Miguel Corporation
Aboitiz Equity Ventures, Inc.
GT Capital Holdings, Inc.
LT Group, Inc.
DMCI Holdings, Inc.
Metro Pacific Investments Corporation
Alliance Global Group, Inc.

<<SM Investments Corporation>>

【概要】SMインベストメント・コーポレーション(SM)中国系フィリピン人のHenry Syが1958年にマニラ・Carriedoで始めた靴屋「ShoeMart」が起源。その後、小売業に転身を図り、次々に新業態店を開発。今では国内に200を超える店舗を持つ、アジア最大の小売業者となっている。一方で不動産、金融などへコングロマリット化、現在、時価総額で国内トップの地位を築いている。筆頭株主はHerbert T. Syで8.19%を保有。主な子会社は小売業(全国で200店舗以上を展開。ブランドはSMストア、SMスーパーマーケット、SMハイパーマーケット、セーブモア、ウォルターマートスーパーマーケット、およびアルファマート)、 資産管理(SMプライムホールディングス、SMディベロップメント)、金融サービス(BDO Unibank、Inc.、China Banking Corporation)など。また、プレミアム商業ビル(BGCコマーシャルプロパティーズ、フィリピンアーバンリビングソリューションズおよびシティモールコマーシャルセンターズインク)、 レジャー(Belle Corporation)、ロジスティクス(2Go Group、Inc.)および鉱業(Atlas Consolidated Mining&Development Corporation)など多彩な分野に展開する。

【グループ最新ニュース】

(3/6 6:14更新)

日付会社名News&Chart
1/26 SM Prime Holdings, Inc.(SMPH)50億ペソのリテール債券を発行。満期は2年と5年物の2本。 SMPHの高値予:38.03 安値予:37.1

【グループマップ】


<<Ayala Corporation>>

【概要】スペインの植民地支配時代の1834年にドミンゴロクサスとアントニオデアヤラによって設立された、最古のコングロマリット。当初からフィリピンの社会基盤の拡充に積極的で19世紀後半にはプエンテ・デ・アヤラ(アヤラ橋経由)パシグ川、マニラインチなどの建設に参加した。1888年にはフィリピンで最初の路面電車サービスを発表。さらに第二次世界大戦後は金融地区としてマカティの発展に大きく寄与した。2010年にはFinanceAsiaにより、コーポレートガバナンスおよび企業の社会的責任においてフィリピンで最も管理されている企業として選出された。Zóbel・デ・アヤラファミリーの持ち株会社、Mermac、Inc.が49%の株式を保持している。現在、関連上場企業はAyala Land, Inc.を筆頭に5社だが、社会基盤関係を中心に非常に幅広い分野で関連会社を擁している。情報公開が成されていない非上場会社を含めると総資産は国内トップであろうと推測される。同社の強みは何といっても、フィリピン最大の金融エリアであるマカティを抑えていること。ここを中心に社会基盤関連の事業を推進しているため、フィリピン経済の成長=Ayalaグループの成長につながっている。現在も政府の官民パートナーシッププログラムの下で複数の有料道路、鉄道、空港のプロジェクトを推進している。最新のプロジェクトではMCX(Muntinlupa – Cavite Expressway)がある。またマニラライトレールとはコンソーシアムメトロ・パシフィック・インベストメンツに参加している。アジアでの太陽光発電事業に積極的でインド、ベトナムで大規模事業を展開。

【グループ最新ニュース】

(3/6 6:14更新)

日付会社名News&Chart
2/17 Ayala Corporation(AC)AyalaグループのPhilwater Holdings Co.Inc.が保有するManila Water Company, Inc.の優先株式26.9億株(30.09%の支配権)をTridentWaterに売却することで合意。 ACの高値予:797.2 安値予:773.3
3/1 Ayala Land, Inc.(ALI)21年の設備投資を拡大。前年の637億ペソから880億ペソに上乗せする計画。半分近くを住宅開発、次いで土地取得、不動産開発などに投入する。 ALIの高値予:38.4 安値予:38.27
3/5 Cebu Landmasters, Inc.(CLI)21年にビサヤ-ミンダナオの4つの都市にCasaMiraブランドの住宅開発を実施。同エリアで22年までに680万戸の需要があるとみており、今後も積極的に対応する計画。 CLIの高値予:5.347 安値予:5.05
3/4 Cirtek Holdings Philippines Corporation(TECH)総額60億ペソのコマーシャルペーパー発行での最初の案件となる20億ペソ分に関してフィリピン格付けサービスから安定した見通しを意味する「PRSA」格付けを取得。 TECHの高値予:6.927 安値予:6.98
1/20 Globe Telecom, Inc.(GLO)シェアードサービスを担当するAsticom Technology,Inc.(ASTI)がローカルITビジネスサービスアウトソーシング(BSO)を請け負う子会社を設立。年間5億ペソの収入を予想。 GLOの高値予:2167 安値予:2151
2/17 Manila Water Company, Inc.(MWC)AyalaグループのPhilwater Holdings Co.Inc.が保有するManila Water Company, Inc.の優先株式26.9億株(30.09%の支配権)をTridentWaterに売却することで合意。 MWCの高値予:16.77 安値予:16.23
2/16 AC Energy Corporation(ACEN)豪州ニューサウスウェールズの400メガワット(MW)のソーラーファームプロジェクトのために6.19億豪ドル(約231億ペソ)の銀行融資を確保。これにより太陽光発電とリチウム電池による400MW分の設備建設が大きく前進する。 ACENの高値予:7.923 安値予:7.843
3/4 Metro Pacific Investments Corporation(MPI)パンデミックによる経済活動停滞の影響が痛手となり20年通期の純益は前年比34%減の102億ペソにとどまった。ただ第4四半期は4%増の25億ペソで改善の兆しが見えた。 MPIの高値予:4.17 安値予:4.053
3/4 Da Vinci Capital Holdings, Inc.(DAVIN)Cosco Capitalとの資本提携に伴い、取引完了後にThe Keepers Holdings, Inc.へ社名変更の予定。 DAVINの高値予:6.5 安値予:6.5
3/5 Philippine Seven Corporation(SEVN)最新型ATMの設置を開始。21年上半期は320台を導入の予定。 SEVNの高値予:98.9 安値予:98.43
1/26 Chelsea Logistics and Infrastracture Holdings Corp.(CLC)定款を変更し授権資本金を20億ペソから35億ペソに引き上げた。 cの高値予:5.3 安値予:4.803

【グループマップ】

<<JG Summit Holdings, Inc.>>

【概要】1957年に創業。社名は創業者のイニシャル。1990年に食料関連の持ち株会社として再発足。現在は農業や食料品のほか不動産投資、観光事業、金融、電気通信、発電なども行う。食品事業で中国、アセアン、オセアニア、不動産投資でシンガポールにも展開している。高財務体質が特徴で、自己資本比率は35%前後で安定している。収益力も高く、営業利益率は15%前後を常に維持している。筆頭株主はGokongwei Brothers Foundation, Inc.で27.88%を保有。

【グループ最新ニュース】

(3/6 6:14更新)

日付会社名News&Chart
1/19 JG Summit Holdings, Inc.(JGS)24年2月満期の10年固定金利債券を3年繰り上げ21年2月に償還する。償還価格は101.5%。 JGSの高値予:74.7 安値予:72.7
3/3 Universal Robina Corporation(URC)20年通期の純益は前年比15%増の116億ペソを計上。売上高は前年並みの1331億ペソにとどまったが付加価値品へのシフトや合理化で利益率が向上した。 URCの高値予:135 安値予:134.3
1/20 PLDT Inc.(TEL)データダウンロードの高速化に15年から3300億ペソを投下。その結果、17年比で固定、モバイルとも80%近い速度向上を達成した。21年は約800億ペソを投入しさらに高速化に拍車をかける。 TELの高値予:1462 安値予:1453
1/11 Manila Electric Company(MER)子会社のMERALCO Power Gen Corp.(MGEN)が、共同出資者から株式を購入しブラカンの太陽光発電会社であるpower Source First Blacon Solarの発行済み株式の20%買い乗せ、合計60%を占め支配権を獲得。 MERの高値予:298.4 安値予:296.5

【グループマップ】

<<San Miguel Corporation>>

【概要】スペイン王室の助成金を基にビール鋳造所と氷製造所を1889年に開いた。1920年代に入ると多角化を試行、コカ・コーラ、果汁飲料、そしてアイスクリーム製造へと展開した。さらに金融、不動産、運輸、農耕、メディア、銃製造、金鉱山などの事業を傘下に収めた。一方で国際化も進展、東南アジアのみならず米国、東アフリカ、スペインなどに拠点を設けた。Holcimの買収は競争委員会の承認得られず断念。新マニラ空港プロジェクトが始動。

【グループ最新ニュース】

(3/6 6:14更新)

日付会社名News&Chart

最新ニュースはありません。

【グループマップ】

<<Aboitiz Equity Ventures, Inc.>>

【概要】1989年にCebu Pan Asian Holdingsとして創業。93年に現社名に変更。ダバオ市のDavao Light and Power Companyを、バターン市のMarivelesにMariveles石炭火力発電所がメインで、独立系電力会社としては国内最大の発電量を誇る。Aboitiz家の資産管理会社であるAboitiz & Company, Inc.が発行済み株式の48.57%を保有する。子会社を通じて、発電・配電、銀行・金融サービス、食品製造、土地・インフラ・建設・造船などを手掛ける。

【グループ最新ニュース】

(3/6 6:14更新)

日付会社名News&Chart
2/24 Aboitiz Power Corporation(AP)バターンで稼働するGNPower Mariveles Energy Center Ltd.Co.の1号機プラントが事故により発電停止。再開までに最長21年末にかかることもあると指摘。同設備は全発電量の7%弱を担っている。 APの高値予:25.6 安値予:25.1
2/11 Union Bank of the Philippines(UBP)子会社のCity Savings Bank Inc .とUBPInvestment Corp.がバタンガスに本拠を置くBangko Kabayan Inc.の70%の所有権を取得。 UBPの高値予:70.57 安値予:69.3

【グループマップ】

<<GT Capital Holdings, Inc.>>

【概要】George S.K. Ty.が1962年にMetropolitan Bank&Trustを創業。金融を中心に順調に事業を拡大し、2007年にGT Capital Holdings, Inc.を設立、現在に至る。筆頭株主はGeorge S.K. Ty.の資産管理会社であるGrand Titan Capital Holdings, Inc.で55.93%を保有する。現在、グループの実質的な経営はGeorge S.K. Ty.の子息であるAlfredに任されている。グループ経営では引き続き電力と不動産開発に注力していく模様だ。傘下のToyota Motor Philippines Corp.(TMP)は国内自動車販売のトップ。20年7月、三井物産と中古車審査の合弁会社設立。

【グループ最新ニュース】

(3/6 6:14更新)

日付会社名News&Chart
2/18 Metropolitan Bank & Trust Company(MBT)20年第4四半期の純益が138億ペソに急増したため、P1.00の普通配当のほかP3.00の特別配当を付与。 MBTの高値予:49.03 安値予:47.87

【グループマップ】

<<LT Group, Inc.>>

【概要】前身はLucio Tanによって1937年に設立されたワイン醸造を目的とするThe Manila Wine Merchants, Inc. (TMWMI)。47年に株式公開。95年に持ち株会社化。2012年にAsia Brewery、Inc.、Fortune Tobacco Corporation、Eton Properties Philippines、Inc.やAllied Banking Corporation(13年にPhilippine National Bankと合併)の株式を取得、コングロマリット化したのを契機に現社名へ変更。LTは創業者の頭文字。筆頭株主はLucio Tan の資産管理会社であるTangent Holdings Corporationで74.36%を保有する。一時、経営不振に陥っていたが、事業再編とリストラにより復活、現在は不動産、レジャー、エネルギー分野の育成を図っている。

【グループ最新ニュース】

(3/6 6:14更新)

日付会社名News&Chart
2/22 Philippine National Bank(PNB)PNB-Mizuho Leasing and Finance Corporationの追加資本(最大5.15億ペソ)を取得の予定。これにより支配権は75%から83.5%に増加。 PNBの高値予:26.67 安値予:26.3

【グループマップ】

<<DMCI Holdings, Inc.>>

【概要】1970年代に Marcos政権時代に運輸および公共事業大臣を務めたIsidro Consunjiによって設立されたインフラ企業が前身。95年にConsunji家の持株会社として設立され、同年12月に株式上場を果たした。土木および一般建設を中核に石炭鉱業、ニッケル鉱業、不動産、系統連系型電力、水道の各セグメントで事業を展開している。筆頭株主はConsunji家の資産管理会社であるDACON CORPORATIONで51.52%を保有する。また2位には同じく資産管理会社のDFC HOLDINGS, INC.が17.93%を保有している。住宅・不動産開発はDMCI Homes.が主に担当し中高層住宅を得意とする。インフラ事業はDMCI-MPIC Water Company, Inc.(水道)とDMCI Power Corporation(電力)が中核となり展開している。

【グループ最新ニュース】

(3/6 6:14更新)

日付会社名News&Chart
3/5 DMCI Holdings, Inc.(DMC)20年通期決算を発表。不動産プロジェクトの販売中止や電力料金の低下などで通期純益は前年比44%減の59億ペソにとどまった。 DMCの高値予:5.497 安値予:5.467

【グループマップ】

<<Metro Pacific Investments Corporation>>

【概要】メトロ・パシフィック・インベストメンツ(Metro Pacific Investments Corporation) は投資持株会社。子会社を通じて、水、衛生、下水道サービスを提供するほか、不動産、インフラ・プロジェクト、有料道路、配電、病院経営、鉄道も手掛ける。親会社は香港のFirst Pacific Company Limitedだが、近年、GT Capital Holdings, Inc.との関係が強まっている。電力関係の中核会社はManila Electric Company(略称MERALCO)。フィリピン最大の電力配給会社で、首都圏のマニラとその周辺地域に電気を提供している。病院経営にも注力中。有利子負債が2兆ドルを超え財務リストラに取り組む。

【グループ最新ニュース】

(3/6 6:14更新)

日付会社名News&Chart
3/4 Metro Pacific Investments Corporation(MPI)パンデミックによる経済活動停滞の影響が痛手となり20年通期の純益は前年比34%減の102億ペソにとどまった。ただ第4四半期は4%増の25億ペソで改善の兆しが見えた。 MPIの高値予:4.17 安値予:4.053
2/22 Philippine National Bank(PNB)PNB-Mizuho Leasing and Finance Corporationの追加資本(最大5.15億ペソ)を取得の予定。これにより支配権は75%から83.5%に増加。 PNBの高値予:26.67 安値予:26.3
2/24 Century Pacific Food, Inc.(CNPF)植物ベースの肉の代替品「unMEAT」を内外で大攻勢の方針。100%植物ながら風味、食感、味覚が肉に酷似しているのが特徴で、世界の健康志向に合致。 CNPFの高値予:17.9 安値予:17.79
2/22 Premiere Horizon Alliance Corporation(PHA)21年3月19日にFTSEグローバル株式インデックスシリーズに含まれる予定。 PHAの高値予:2.66 安値予:2.54
1/11 Manila Electric Company(MER)子会社のMERALCO Power Gen Corp.(MGEN)が、共同出資者から株式を購入しブラカンの太陽光発電会社であるpower Source First Blacon Solarの発行済み株式の20%買い乗せ、合計60%を占め支配権を獲得。 MERの高値予:298.4 安値予:296.5

【グループマップ】

<<Alliance Global Group, Inc.>>

【概要】Megaworld、Travellers、GADC、Emperador、およびGERIの5つの事業セグメントを運営するフィリピンの有力コングロマリット。 メガワールドには、不動産開発、総合リゾート、物件のリース、ホテル運営などが含まれる。 Emperadorは蒸留酒(主にブランデー)とガラス容器の製造・流通を行っている。 他のセグメントは、観光関連の娯楽、ホスピタリティ、レジャー、ならびにフィリピンでのマクドナルドを運営などとなっている。また最近ではインフラ部門であるInfracorp Development Inc.がTaguigのFort Bonifacio Global CityとMetro Rail TransitのGuadalupe駅を結ぶ2キロメートルのスカイトレインと呼ばれるモノレール建設計画を発表。24年までの5年間で4100億ペソの設備投資を計画。

【グループ最新ニュース】

(3/6 6:14更新)

日付会社名News&Chart

最新ニュースはありません。

【グループマップ】

inserted by FC2 system