PSE総合指数の行方

上記画像は、今後の総合指数の見通しです。まだ、底入れまでは時間がかかり、第二の暴落を残していると見ています。現在は①の調整局面となっています。ここは戻りを試しつつ、底値を固めたいという狙いが色濃く出る局面ですが、煮詰まり感が強まった時に、第二の悪材料が出て②のステージに入る可能性が高いと思います。 ①においては戻り売り、あるいは噴き値売りを徹底してください。また現在、株価の急落によって含み損を抱えている銘柄に関しては、思い切って損切りを行うか、様子見となります。新規買いにより購入コストを下げる行動は、ここでは損の上塗りになる可能性がありますので控えた方がいいでしょう。ただし、あと二回、買いますつもりでしたら、相場が弱くなった時が買いのチャンスになります。

 

 

5/4 今週は大きな転機となりそうです。イベントではGDPや消費者物価指数などの発表を控え、SM、Ayala、GLO、PLDTなど主力銘柄の決算発表が相次ぎます。数字的には悪いのはほぼ確実で、それに相場が耐えられるか否かが大きなポイントになります。
今週は決算発表予定の主力銘柄であるSM、Ayalaに相場の強弱感の指標として注目したいと思います。

SM

SMの高値予:852 安値予:814

SMの高値予:860 安値予:783.3

AC

ACの高値予:608.3 安値予:593

ACの高値予:680 安値予:578.7
inserted by FC2 system